So-net無料ブログ作成

日本サルトル学会会報第44号 [会報]

Bulletin de l'Association Japonaise d’Etudes Sartriennes N°44 mai 2015
日本サルトル学会会報     第44号 2015年 5月

次回研究例会のお知らせ

第35回研究例会が以下の通り開催されることになりましたので、ご案内申し上げます。今回は『サルトル読本』http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-15069-2.htmlの刊行記念企画として、合評会を兼ねたシンポジウムを開催いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

『サルトル読本』出版記念シンポジウム

日時:2014年7月18日(土)10 :00~18 :15
場所:立教大学 池袋キャンパス7号館 7301号教室
池袋キャンパスへのアクセスhttp://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
キャンパスマップhttp://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/

受付開始 9 :30
第1部 10 :00~12:00 サルトルの全体像 (『サルトル読本』I部、VI部)
第2部 13 :30~15:30 サルトルの哲学 (『サルトル読本』II部、III部)
第3部 16 :00~18 :00 サルトルと哲学者たち (『サルトル読本』IV部、V部)
総 会 18 :00~18:15
懇親会 19:00

第1部 サルトルの全体像 10 :00~12:00
 登壇予定者: 永野潤、永井敦子、翠川博之、黒川学、澤田直 (『サルトル読本』I部、VI部執筆者)
   特定質問者: 関大聡
   司 会: 森 功次

第2部 サルトルの哲学 13 :30~15:30
 登壇予定者: 谷口佳津宏、清眞人、水野浩二、竹本研史、生方淳子、森功次 (『サルトル読本』II部、III部執筆者)
  特定質問者: 赤阪辰太郎
  司会: 永野潤

第3部 サルトルと哲学者たち 16 :00~18 :00
 登壇予定者: 加國尚志、鈴木正道、松葉祥一、岩野卓司、合田正人、檜垣立哉 (『サルトル読本』IV部、V部執筆者)
  特定質問者: 栗脇永翔
  司会: 澤田直
本会は非会員の方の聴講を歓迎致します。事前の申し込み等は一切不要です。
当日、直接会場へおこし下さい。聴講は無料です。

お知らせ
・クロード・ランズマン氏が6月に来日されます。広島(22日、国際会議場)、東京(26日、日仏会館、28日、アンスティテュ・フランセ)で講演される予定です。日仏会館の講演の詳細は以下のとおりです。その他の講演の詳細については各会場のHPをご参照ください。
2015年6月26日(金)15 :00-17 :00 日仏会館 1Fホール
講演会「記憶の映画について語る---「ショア」 から「不正義の果て」まで」
講師:クロード・ランズマン(映画監督、作家)【司会】澤田直(立教大学)
主催:(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所

・フィリップ・フォレスト氏(作家、ナント大学教授)が来日し、講演される予定です。
2015年7月9日(木) 18:30~20:00  立教大学池袋キャンパス5210教室
「文学に(いまなお)何ができるか? サルトルの50年後に Que peut (encore) la littérature?: 50 ans après Sartre」

サルトル関連出版物
・アニー・コーエン=ソラル『サルトル伝』(上・下)、石崎晴己訳、藤原書店
・合田正人『フラグメンテ』、法政大学出版局(第五部に「文学的想像力と政治──サルトルと石原慎太郎」という章があります)
・市野川容孝・渋谷望編著『労働と思想』、堀之内出版(永野潤「サルトル──ストライキは無理くない!」)

発表者募集のお知らせ
日本サルトル学会では、発表者を随時募集しております。発表をご希望の方は、下記の連絡先までご連絡下さい。なお例会は例年、7月と12月の年二回行っております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る