So-net無料ブログ作成
検索選択

UTCP若手研究者ワークショップ「サルトルと共生の哲学」 [事務局よりお知らせ]

UTCP若手研究者ワークショップ「サルトルと共生の哲学」

1月25日(日)、東京大学駒場キャンパスにおきましてワークショップが以下の内容で開催されます。ぜひご来場ください。


日時:2015年1月25日(日)13:30~18:30
場所:東京大学駒場キャンパス駒場ファカルティハウスセミナー室

発表者:

関大聡(東京大学)
「透明と障害、もしくはサルトルにおける嘘」

栗脇永翔(東京大学)
「他者・障害・歴史――ヴィルヘルム二世を分析するサルトル」

赤阪辰太郎(大阪大学)
「不在の他者とのコンタクト――初期サルトルにおける」

高山花子(東京大学)
「未聞の音――サルトルがブランショに見出すファンタスティックなもの」

小林成彬(一橋大学)
「「アンガジュマン文学」とは別の仕方で――ヴェネツィアにいるサルトル」

中村彩(東京大学)
「ボーヴォワールから見たサルトル――『別れの儀式』を中心に」



コメンテーター:澤田直(立教大学)



使用言語日本語|入場無料|予約不要


主催:共生のための国際哲学研究センター(UTCP)L2プロジェクト「共生のための障害の哲学」



詳しくは以下のページをご覧ください。

http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2015/01/utcp_workshop_by_young_scholar_1/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。