So-net無料ブログ作成
事務局よりお知らせ ブログトップ
前の10件 | -

UTCP若手研究者ワークショップ「サルトルと共生の哲学」 [事務局よりお知らせ]

UTCP若手研究者ワークショップ「サルトルと共生の哲学」

1月25日(日)、東京大学駒場キャンパスにおきましてワークショップが以下の内容で開催されます。ぜひご来場ください。


日時:2015年1月25日(日)13:30~18:30
場所:東京大学駒場キャンパス駒場ファカルティハウスセミナー室

発表者:

関大聡(東京大学)
「透明と障害、もしくはサルトルにおける嘘」

栗脇永翔(東京大学)
「他者・障害・歴史――ヴィルヘルム二世を分析するサルトル」

赤阪辰太郎(大阪大学)
「不在の他者とのコンタクト――初期サルトルにおける」

高山花子(東京大学)
「未聞の音――サルトルがブランショに見出すファンタスティックなもの」

小林成彬(一橋大学)
「「アンガジュマン文学」とは別の仕方で――ヴェネツィアにいるサルトル」

中村彩(東京大学)
「ボーヴォワールから見たサルトル――『別れの儀式』を中心に」



コメンテーター:澤田直(立教大学)



使用言語:日本語|入場無料|予約不要


主催:共生のための国際哲学研究センター(UTCP)L2プロジェクト「共生のための障害の哲学」



詳しくは以下のページをご覧ください。

http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2015/01/utcp_workshop_by_young_scholar_1/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

フランソワ・ヌーデルマン氏滞日中の予定 [事務局よりお知らせ]

共同ワークショップ「サルトル/デリダ」特別講演を含む
フランソワ・ヌーデルマン(パリ第8大学)教授の滞日中の講演は次の通りです。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

12月6日(土)13:00〜14:30
特別講演 « Sartre et Derrida entre chien et chat. Pensées de l'animal » 
日本サルトル学会/脱構築研究会/立教大学文学部フランス文学専修主催
共同ワークショップ「サルトル/デリダ」
立教大学池袋キャンパス 5501教室 逐次通訳

12月7日(日)17:00 
セミナー « Philosophes à personnalités multiples »
日仏会館 501号室 通訳なし 人文科学系若手研究者セミナー  
司会:澤田直(立教大学・日仏会館学術委員)

12月9日(火)18:00 
一般向け講演 « Penser, jouer, délirer : quand les philosophes touchent à la musique »
日仏会館 1階ホール 通訳有り 
司会:クリストフ・マルケ(日仏会館)、ディスカッサント澤田直(立教大学)

12月11日(木)17:00〜19:00  
講演 « Le mensonge, un génie philosophique »
東京大学UTCP主催 東京大学駒場キャンパス 
司会:桑田光平(東大)

略歴: 1958年生まれ。大学教授資格保持者(文学、1986)、哲学博士(パリ第四大学、1992)。専攻は哲学・文学だが、芸術にも造詣が深く、その分野での著作も多い。ジャック・デリダの後を受け国際哲学コレージュ院長(2001〜2004)、ジョン・ホプキンス大学、ニューヨーク大学の客員教授などを歴任。エドゥアール・グリッサンが設立した全—世界学院のセミナーの責任者も務める。2002年からは、ラジオ・フランス・キュルチュールの哲学番組Les vendredis de la philosophieを制作し、人気を博した。邦訳には、哲学者と音楽との関係を多角的に論じた『哲学者とピアノ サルトル、ニーチェ、バルト』(太田出版)など。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

GESのBulletinについて [事務局よりお知らせ]

代表理事の澤田が6月17日火曜日からパリに行き、GESの大会に参加します。Bulletinをご希望の方は、事務局ajes.office★gmail.com(★を@に)までご連絡ください。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

シンポジウム「サルトル/バル」ト会場変更のお知らせ [事務局よりお知らせ]

先にお知らせしたシンポジウム「サルトル/バルト」
http://ajes.blog.so-net.ne.jp/2012-12-01
主催 東京外国語大学総合文化研究所
12月8日土曜日 14時―17時30分
会場が変更になりました。
東京外国語大学研究講義棟226教室
※103号教室に変更

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

研究会のお知らせ [事務局よりお知らせ]

シンポジウム「サルトル/バルト」
主催 東京外国語大学総合文化研究所
12月8日土曜日 14時―17時30分
東京外国語大学研究講義棟226教室
※103号教室に変更になりました!

第1部
 松浦寿夫 挨拶
 桑田光平 「文学、身体、意識:バルトとサルトルの交差点」
 塚本昌則「〈中心的態度〉──サルトルのイメージ論をめぐって」
 澤田直「断章、イマージュ、母性:サルトルとバルトの手前で」

第2部
 全体討議
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

ジル・フィリップ氏講演会(一橋大学)のお知らせ [事務局よりお知らせ]

一橋大学で行われるジルフィリップ氏の講演会のお知らせです。
以下のアドレスでPDF形式のパンフレットも閲覧できます。
http://gensha.hit-u.ac.jp/news/20120721.pdf
一橋大学大学院言語社会研究科
L’École doctorale “Langues et Sociétés” - Université Hitotsubashi 国際シンポジウム Colloque international

生と性、自伝、 あるいは、フィクション
La vie et la sexualité, l’autobiographie, ou la fiction


●大浦康介 Yasusuke OURA(京都大学) 『わが秘密の生涯』(My Secret Life)を読む
Lire Ma Vie Secrète
●ジル・フィリップ Gilles PHILIPPE(パリ第 3 大学) ジャン=ポール・サルトル 生とフィクション Jean-Paul Sartre : la fiction et la vie
コメンテーター Commentateur 澤田直 Nao SAWADA(立教大学)


日時 2012年7月21日(土)13時より
Le 21 jouillet 2012 à partir de 13 h

場所 一橋大学 東キャンパス 国際研究館 4F 大教室(中央線「国立」下車)
Université Hitotsubashi Campus-Est LS/CGE Building (Kokusai Kenkyu Kan) 4e étage La grande salle (Dai-Kyoushitsu) (Kunitachi, La Ligne Chuo, JR)

連絡先 森本淳生(一橋大学) atsuo.morimoto@r.hit-u.ac.jp

主催 科学研究費補助金・基盤研究(B)「生表象の動態構造──自伝、オート・フィクション、ライフ・ヒストリー」

使用言語 フランス語/日本語
(フランス語講演には日本語通訳がつきます。La conférence de M.Gilles Philippe sera donnée en français avec la traduction japonaise.)

趣旨説明 13:00-13:10

大浦康介 『わが秘密の生涯』(My Secret Life)を読む 13:10-14:30
【概要】性的生涯の回想は、生表象の重要な一部をなすジャンルである。「性」が「生」にとっ て重要であるからだけではない。Vita sexualis の物語こそは、生表象につきものの〈暴露〉と〈隠 蔽〉のドラマツルギーがもっとも尖鋭な形でみられる言説空間だからでもある。本発表では英国 ヴィクトリア朝の『わが秘密の生涯』(作者不詳〉を取り上げ、性と自伝的エクリチュールとヴ ィクトリア時代という三者の交差点で生表象を考えてみたい。

質疑応答 14:30-14:50 休憩 14:50-15:10

ジル・フィリップ ジャン=ポール・サルトル 生とフィクション 15:10-17:00
【概要】伝記、自伝、私的な書類は通常、事実を述べるテクストとして分類され、そこではフ ィクションは用いられないと考えられている。しかし、ジャン=ポール・サルトルの作品の場 合を考えると、ことはより複雑である。このフランスの哲学者にとって、生は「真実に基づい た小説」の枠組みにおいてのみ書くことができる。つまり、フィクションだけが、個的主体の 絶対的に個人的な体験の背後にある普遍的なものを表すことを可能にする。そのため、サルト ルの哲学的散文(例えば『存在と無』)だけでなく、実存的伝記の大作(例えば『家の馬鹿息子』) においても、さらには彼の最も個人的な著述においてさえ、フィクションの利用が求められる ことになるのである。講演では、とりわけ『言葉』をはじめとするサルトルの主要な自伝的テ クストについて、また、謎めいた未刊の草稿のひとつである『女王アルブマルル』について再 考し、サルトルはまさにフィクションを用いることによって「生を書くこと」ができたのだと いう点を示すことにしたい。「生を書く」とは、『言葉』の「ひとりの人間は、あらゆる人間か らできている」という有名な表現が的確に表現しているとおり、「個的な普遍」を表すことにほ かならない。

コメント、質疑応答 17:00-18:00

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

サルトル関係の業績の情報をお送りください [事務局よりお知らせ]

『サルトル年報』に掲載するための情報を一括してGESに送りますので、サルトル関係のご論文やご著書、その他の情報に関して、以下の要領で5月18日までに事務局までお知らせくださいますようお願い申し上げます。
かならず日本語および欧文で
著者名、著作名、出版社名、年、総頁数。
著者名、論文名、掲載誌名、年、号(巻)数、掲載頁。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

GESプログラム [事務局よりお知らせ]

GESのcolloque annuelのプログラムです。日本からは、根木昭英さんが発表します。


COLLOQUE ANNUEL DU GROUPE D'ETUDES SARTRIENNES

______

24 & 25 juin 2011

En Sorbonne, amphithéâtre Champollion (Paris IV)

16, rue de la Sorbonne (2e sous-sol) 75005 Paris

Organisation : GES, Florence Caeymaex & Alexis Chabot
Contact : ges.secretariat@gmail.com

Vendredi 24 juin
Littérature et adieu à la littérature

Matinée : 10h00 – 13h00

Heiner WITTMANN : Appeler un chat un chat. Sartre
et les lettres

Alexis CHABOT : L’adieu à la littérature, ou Sartre
juge de Jean-Paul

Akihide NEGI : L’art comme anthropodicée : la moralité
de la littérature chez Jean-Paul Sartre

Après-midi : 14h 30 – 17h

Claudia BOULIANE : Mobilisation et engagement : étude
comparée des Thibault et des Chemins de la liberté

Nathanaël MASSELOT : « Mobilité » du mot
et « métastabilité du langage » : Brice Parain, figure de la
phénoménologie sartrienne du langage

Gregory CORMANN : A plus d’un titre : généalogie
critique de La Reine Albemarle

Samedi 25 juin Les philosophes héritiers de Sartre

Matinée : 9h30 – 13h00

Marco GATTO : Capitalism as Totalization : the
Sartrean legacy in Fredric Jameson’s dialectical marxism

Florence CAEYMAEX: Gorz, héritier de Sartre

Raoul KIRCHMAYR : Critique du « corps fou ».
L’héritage sartrien dans la psychiatrie de Franco Basaglia

Giovanna GALLIO : Entre idéologie et réalité,
les dilemmes de la « technique du savoir
Réflexions sur Sartre, maître de Basaglia

Après-midi : 14h30 - 18h00

Yan HAMEL : Un dernier grand spectacle engagé : le
tribunal Russell

Table ronde : Œuvre et vie de Francis Jeanson, avec
Michel CONTAT, Michel-Antoine BURNIER,
Grégory CORMANN, Alexis FILIPUCCI

*

Assemblée générale du Groupe d'Études sartriennes (17h00-18h00)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

フローベール 交差する文学(立教大学フランス文学専修主催) [事務局よりお知らせ]

5月8日、立教大学フランス文学専修の主催でフローベールに関するシンポジウムが行われますのでお知らせいたします。サルトルの『家の馬鹿息子』を取り上げます。
--------
Demi-Journée d’études(シンポジウム) Flaubert. Intersections フローベール 交差する文学

日時:2010年5月8日(土)
場所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階多目的ホール
フランス語・入場無料・通訳なし

Modérateur : Keiji SUZUKI (Université de Tokyo) 司会:鈴木啓二(東京大学)

1ère session : Autour de L’Idiot de la famille

第1セッション:『家の馬鹿息子』をめぐって

14 : 00 – 15 : 20
• Norioki SUGAYA (Université Rikkyo), « Littérature comme négativité : Flaubert et Sartre »
菅谷憲興(立教大学) 「否定性としての文学 ―― サルトルとフローベール」
• Nao SAWADA (Université Rikkyo), « Le style est-il l’homme même ? – ce que Sartre analyse chez Flaubert »
澤田直(立教大学) 「文は人なり? ―― サルトルはフローベールの何を分析するのか」

2e session : Bêtise, Esthétique

第2セッション:愚かさ、美学

15 : 40 – 17 : 00
• Masanori TSUKAMOTO (Université de Tokyo), « “La bêtise n’est pas mon fort” – la notion de bêtise chez Valéry et chez Flaubert »
塚本昌則(東京大学) 「『愚かさは私の得意とするところではない』―― ヴァレリーとフローベールにおける愚かさの概念」
• Gisèle SÉGINGER (Université Paris-Est), « L’invention d’un art du sensible »
ジゼル・セジャンジェール(パリ東大学) 「感覚的なものの芸術の発明」
問い合わせ先:立教大学文学部文学科フランス文学専修
Tel : 03-3985-2530(人文科学系事務室内)
菅谷 憲興 noriokis@rikkyo.ne.jp
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

パリ日本館でのシンポジウムのお知らせ [事務局よりお知らせ]

パリ日本館でのシンポジウムのお知らせ

 11月14日、パリ日本館の主催によって、パリ国際大学都市日本館落成80周年記念シンポジウム「サルトルの善用のための祈り」が、日本サルトル学会と小西財団の後援によって開催されます。本学会からは、西永良成氏、澤田直氏、池渕泰正氏、根木昭英氏が参加します。以下はそのプログラムです。


Colloque commémorant le 80e anniversaire de la fondation de la Maison du Japon
Prière pour le bon usage de Sartre :
le passé et le futur d'études sartriennes

samedi le 14 novembre 2009, 16h-19h
Au grand salon (rez-de-chaussée)
Entrée libre dans la limite des places disponibles

Modérateur:Yoshinari NISHINAGA (Directeur de la Maison du Japon)

Communications

Nao SAWADA (Professeur à l'Université Rikkyo):
  Sartre et le Japon, réception, influence et actualité
Hiromasa IKEBUCHI (Doctorant à l'Université de Kyoto):
  Matière et morale, autour de la deuxième morale de Sartre

(Pause)

Akihide NEGI (Donctorant à l'Université de Tokyo):
  Morale de la Mystification, la question de la création artistique chez J.-P. Sartre
Michel CONTAT (Directeur de recherche émérite à Item, CNRS):
  Comment Sartre et Beauvoir travaillaient-ils ensemble ?

(Cocktail)

Organisé par la Maison du Japon de la Cité Internationale Universitaire de Paris
En coopération avec l'Association Japonaise d'Études Sartriennes et avec la Fondation KONISHI

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 事務局よりお知らせ ブログトップ
メッセージを送る